A Choral Suite "Requiem Pacis (Requiem of Peace)"

 for Mixed Chorus & Soprano Solo with Orchestra, Organ or Piano

合唱組曲「Requiem Pacis (平和のレクイエム)」

 混声合唱・ソプラノソロ(管弦楽伴奏・オルガン伴奏・ピアノ伴奏)

Music by Kentaro Sato (Ken-P)

作曲 佐藤賢太郎(Ken-P)

Full Score (総譜)

Chorus/Piano ver. SATB (合唱・ピアノ伴奏)

 All available printed scores from Amazon are listed on the follwoing pages; USA, UK, Canada, Germany, France, Italy, and Spain.

製本楽譜(合唱・ピアノ版)購入可

 パナムジカ版

  オルガン、オーケストラ、パート譜等も日本ではパナムジカが出版・販売を行なっております。

click to play audio/ クリックして再生

Orchestral ver. / オーケストラ版

 1. Requiem Aeternam et Kyrie

 2. Sanctus

 3. Agnus Dei et Lux Aeterna

 4. Subvenite

 5. In Paradisum

Organ ver. / オルガン版

 1. Requiem Aeternam et Kyrie

 2. Sanctus

 3. Agnus Dei et Lux Aeterna

 4. Subvenite

 5. In Paradisum

YouTube Video List

Chamber Orch. ver. / 管弦楽伴奏版

Text/歌詞

Latin / ラテン語

1. Réquiem Aetérnam et Kyrie
Réquiem aetérnam dona eis, Dómine:
et lux perpétua lúceat eis.
Te decet hymnus, Deus, in Sion,
et tibi reddétur votum in Jerúsalem.
Exáudi oratiónem meam;
ad te omnis caro véniet.

Kyrie eléison.
Christe eléison.
Kyrie eléison.

 

2. Sanctus
Sanctus, Sanctus, Sanctus,
Dóminus, Deus Sábaoth.
Pleni sunt caeli et terra glória tua.
Hosánna in excélsis.

Benedíctus, qui venit in nómine Dómini.
Hosánna in excélsis.

 

3. Agnus Dei et Lux Aetérna
Agnus Dei, qui tollis peccáta mundi:
dona eis réquiem.
Agnus Dei, qui tollis peccáta mundi:
dona eis réquiem.
Agnus Dei, qui tollis peccáta mundi:
dona eis réquiem sempitérnam.

Lux aetérna lúceat eis, Dómine:
cum Sanctis tuis in aetérnum: quia pius es.
Réquiem aetérnam dona eis, Dómine:
et Lux perpétua lúceat eis,
cum Sanctis tuis in aetérnum: quia pius es.

 

4. Subveníte
Subveníte Sancti Dei,
occúrite ángeli Dómini:
Suscipiéntes ánimam eius:
offeréntes eam in conspéctu Altíssimi.
Suscípiat te Christus, qui vocávit te:
et in sinum Ábrahae ángeli dedúcant te.

 

5. In Paradísum
In Paradísum dedúcant te ángeli;
in tuo advéntu suscípiant te mártyres;
et perdúcant te in civitátem sanctam Jerúsalem.

Chorus angelórum te suscípiat,
et cum Lázaro quondam páupere aetérnam hábeas réquiem.
Amen.

Réquiem aetérnam dona eis, Dómine
et lux perpétua lúceat eis, Dómine.
Amen.


English Translation / 英語訳

1. Eternal Rest and Lord
Eternal rest give them, Lord,
and let perpetual light shine upon them.
A hymn befits you, God, in Zion,
and a vow will be given back to you in Jerusalem.
Hear out my prayer;
all flesh will come to you.

Lord have mercy.
Christ have mercy.
Lord have mercy.

 

2. Holy
Holy, Holy, Holy,
Lord, God of Hosts.
Heaven and earth are full through your glory.
Hosanna in the highest.

Blessed is He who comes in the name of the Lord.
Hosanna in the highest.

 

3. Lamb of God and Eternal Light
Lamb of God, You who takes away the sins of the world:
give them rest.
Lamb of God, You who takes away the sins of the world:
give them rest.
Lamb of God, You who takes away the sins of the world:
give them sempiternal rest.

Let eternal light shine upon them, Lord,
with your saints forever: because you are devout.
Eternal rest give them, Lord,
and let perpetual light shine upon them,
with your saints forever: because you are devout.

 

4. Come
Come in aid, Saints of God,
Run up, Angels of the Lord;
Seizing up one’s soul,
offering it unto the outlook of the Most High.
Let Christ, who has called you, seize you up:
and let the angels lead you into the bosom of Abraham.

 

5. In Paradise
Let the Angels lead you into paradise;
let martyrs seize you up;
and let them lead you into the holy city Jerusalem.

Let the choir of Angels seize you up,
and with once poor Lazarus, let you have eternal rest.
Amen.

Eternal rest give them, Lord,
and let perpetual light shine upon them, Lord.
Amen.

 English Translation by Dr. Robert Zaslavsky

Japanese Translation / 日本語訳

1.永遠の安らぎと主
永遠の安らぎを彼らに与えてください 主よ
そして 終わりなき光で彼らを照らしてください
シオンでの賛歌は 神よ あなたにふさわしいのです
そして 誓いはエルサレムにて果たされるでしょう
私の祈りをお聞きください
全ての者はあなたの御許へと来るでしょう

主よ 哀れんでください
キリストよ 哀れんでください
主よ 哀れんでください

 

2.聖なるかな
聖なるかな 聖なるかな 聖なるかな
主よ 万軍の神よ
天と地は あなたの栄光で満たされています
賞賛の声を至高へ

主の御名において来られる方に 祝福を
賞賛の声を至高へ

 

3.神の子羊
神の子羊よ 世界の罪を取り除く方よ
彼らに安らぎを与えてください
神の子羊よ 世界の罪を取り除く方よ
彼らに安らぎを与えてください
神の子羊よ 世界の罪を取り除く方よ
彼らに永遠の安らぎを与えてください

永遠の光が彼らを照らしますように 主よ
聖人たちと共に永遠に 慈悲深い方よ
永遠の安らぎを彼らに与えてください 主よ
そして 絶えざる光で彼らを照らしてください
聖人たちと共に永遠に 慈悲深い方よ

 

4.来たりて
救いに来てください 神の聖人達よ
迎えに来てください 主の天使達よ
彼の(彼女の)魂を抱え上げ
いと高き方の御前に捧げてください
あなたを招いたキリストが 抱え上げてくれますように
そして 天使達があなたをアブラハムの元へと導きますように

 

5.楽園へ
楽園へ 天使達があなたを導きますように
殉教者達があなたを抱え上げ
そして 聖なる都エルサレムへと導きますように

天使達の合唱があなたを包み上げ
かつて貧しかったラザロと共に 永遠の安らぎが得られますように
祈りの言葉を

永遠の安らぎを彼らに与えてください 主よ
そして 絶えざる光で彼らを照らしてください
祈りの言葉を

 日本語訳・佐藤賢太郎 (Ken-P)

Instrumentation / 楽器編成

  • 4 Woodwinds

(1 Flute, 1 Oboe, 1 Clarinet in Bb, 1 Bassoon)

  • 2 Percussion Parts

 (Timpani, Glockenspiel, Suspended Cymbal, Piatti, Wind Chime)

  • Piano
  • Soprano Solo*
  • Mixed Chorus
  • Strings

(1st Violins, 2nd Violins, Violas, Cellos, Double Basses)

*Soprano Solo could be Tenor Solo.

This work can be performed with the following instrumentation also:
1) Organ only
2) Organ + Percussions
3) Piano only
4) Piano + Strings, and/or Woodwinds, and/or Percussions

Program Note (JPN only)/ プログラムノート(日本版製本譜より)

 古今東西、多くの作曲家は、キリスト教の「死者のためのミサ(いわゆる葬式)」に使われるラテン語典礼文を使って合唱曲を書いてきました。これらの楽曲は、典礼文の冒頭、入祭唱の最初の一語である「Requiem(安息・休むこと)」を使って、一般的には「レクイエム」というタイトルで呼ばれています。元々は典礼で使用されることを前提に書かれてきたレクイエムも、古典派やロマン派など時代を下るにつれて、「典礼で使用される楽曲」としての性格は薄れ、作曲家が「死(とその後)」を見つめたときの表現の結果としての音楽、という面が強くなっていき、それは各作曲家の歌詞の選択、楽曲構成、曲調に大きく影響していきました。
本楽曲「Requiem Pacis」は、2005年、私が23歳の時に、学士課程卒業リサイタルの為の作品の一つとして作曲したものです。全体が、優しい、明るい、または力強い歌詞と曲調で構成され、「幸せで満たされた人生を送った人にふさわしい楽曲とはどのようなものか?」という問いに対する私の答えや「このような楽曲が似合う人生をおくりたい、そして、そのために精一杯生きよう」という願いや思いを、私なりにこめた作品です。 私たちの前を歩んだ人のこと、そして私たち自身とこれから歩む道を、明るい光で照らす作品になっていれば幸いです。

about the Commission and the Premiere

 The work was premiered by the University Chorus of California State University, Northridge, conducted by Dr. Elmer Heerema on May 4, 2005. The organ version was commissioned by the Osaka University Mixed Chorus, and premiered by the Chorus on December 23, 2009, conducted by Masahiko Nezu. The piano part was updated in 2011 at the request of Pana Musica, a Japanese publisher, for the publication of the work in Japan, so that it could be performed with piano accompaniment only.

委嘱・初演に関して

 本楽曲は、University Chorus of California State University, Northridgeにより2005年5月4日に初演が行なわれました。オルガン版は大阪大学混声合唱団による委嘱により制作され、2009年12月23日に初演が行なわれました。また、パナムジカ社による日本での製本版の出版にあわせ、ピアノ伴奏のみでも演奏可能になりました。